当グループの取り組み

社員一人一人が
意欲的に働くことができる会社へ

「稼げる仕組み」でも説明しましたが
この業界は常に人手不足を抱えていて一人一人の業務は多忙です。

当グループでは社員一人一人の負担を減らしていく取り組みとして
あらゆる業務のIT化をはかり、人的な業務を軽減しております。

また他社に比べ1店舗当たりの従業員数を多く設ける事により
10時間労働、月7日休暇という業界内でも高水準な待遇を徹底して実行しております。
これは一人一人の業務を減らし、無駄を省き、適正な休養により
自分や家族とのプライベートな時間を大切にして欲しいという思いがあります。

” 衣食足りて礼節を知る” と言う言葉のとおり
自分の生活環境が満たされていなければ、お客様やキャストに対して
誠実な対応はできないと考えており、 安心して勤められる環境を今よりも充実させていき
社員一人一人が意欲的に働くことができる会社を目指しております。

数字だけを比較すると10時間労働、月7日休暇というのは 他にも多数見られると思います。
しかし実態はそうではありません。
正直に申しまして、当グループでも当初は10時間労働月5日休暇でした。
それでも追いつかない業務は残業として、多くの拘束時間を強いていました。

しかしそれでは従業員の負担が多く、他社と変わらない。
これでは新しいスタンダード(標準)にはならないと反省し改善しました。

そこでシステムを導入し、IT化できる業務はすべてコンピューターで管理し、
なおかつ1店舗あたりの従業員数の増加する。
そういった企業努力の末、現在の10時間労働月7日休暇を徹底することができました。
正直これは会社にとって大きな投資であり、利益の減少も覚悟の上の決断でした。

しかし結果は違いました。

従業員みんなの努力で効率性が上がり、増員した人件費、
システム費用を差し引いても以前より大きな利益率を生んだのです。
これからも人に頼らなければならない業務以外はIT化させていき、月8日休暇を目指しております。

これは社員一人一人の努力も重要になってきますので
一丸となって業務の効率化を考えていかなければなりません。